「唐草模様と渦巻のキレイな描き方」お絵描き曼荼羅アート講座9

 

強い生命力、繁栄を表す
「唐草文」「唐草模様」は縁起模様

 

 

グルグルと渦巻模様がつながったこの模様
日本にいればきっと目にしたことがあるでしょう。

唐草文様(からくさもんよう)

唐草文(からくさもん)

などと呼ばれます。

葉や茎、または蔓植物が
伸びたり絡んだりした形を図案化した
植物の文様です。

これは日本での呼び方で
「唐草」
という植物があるわけではありません。

 

「唐草模様」とは?

つる草が四方八方に
力強く伸びていく模様です。

強い生命力や繁栄を象徴します。

昔から一族の繁栄や長寿を意味する
縁起よい吉祥文様として愛されてきました。

 

唐草模様・アラベスク模様の世界史

 

唐草模様といえば「和柄」ですが

実は海外にも似た模様が見られます。

イスラム文化のモスクの壁面装飾に
よく見られるイスラム美術
「アラベスク模様」がそのひとつです。

イスラム教徒が装飾品にあしらっていた模様
である唐草模様「アラベスク模様」

アレンジの違いはありますが
日本のものとよく似ています。

元々はどちらも
古代ギリシア神殿に原点があるようです。

また、つる草自体が世界中で見られるので
その土地、その土地で
馴染んでいったのでしょう。

 

唐草模様は、複数の曲線や渦巻き模様を組み合わせることで、つるが絡み合う様子を表す。写実的な物も見られるが、図形的に描いたものでは、左右対称の渦巻き模様などに簡略されたり、多種多様の唐草模様が存在する。古代ギリシアの神殿などの遺跡でアカイア式円柱などに見られる草の文様が唐草文様の原型であり、メソポタミアやエジプトから各地に伝播したと考えられている。また、古代エジプトの睡蓮にも起源があるとされ、イスラム美術の一様式におけるアラベスク文様にも関係する。中国シルクロード経由で日本に伝わったとされている。

モチーフになった植物としては、スイカズラ(忍冬〔にんどう〕)をかたどった忍冬唐草(にんどうからくさ)や、ブドウを主題とした葡萄唐草、またパルメット意匠を用いた物がある。ギリシアの壺絵に例が見られる。

イスラームでは食器、陶板など釉薬でデザインに描かれたり、建築美術でもモスクの天井、壁面の装飾によく用いられる。アラベスクという語は、狭義では唐草文系の意匠を意味するが、広義では、文字系や幾何学系も含む

唐・朝鮮から日本へ伝来した仏教美術、透かし彫りなどに見られるのが、ハス、ボタン、宝相華(ほうそうげ。想像上の花)を唐草と合わせた、蓮華唐草牡丹唐草宝相華唐草である。

ツタをかたどるものは、蔦花文様(ちょうかもんよう)、蔦蔓文様(つたかずらもんよう)などとも呼ばれる。

参照:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の唐草模様

 

日本では、奈良時代に渡来した様式から
だんだん日本的に変化した柄が好まれました。

中世ではキリ、フジ、松竹梅など
身近な植物に変化して

染織、織物、蒔絵などに用いられます。

格調高い名物裂にも、
金蘭唐草文などよく見られますね。

そして現在、私たちが
「唐草模様」といわれて思い浮かぶのは

緑地に白の唐草模様がある風呂敷でしょう。

獅子舞のかぶり物としてお馴染みです。

漫画などでは、泥棒の印象もありますね。

当初の唐草模様からは随分図案化が進んで
葉っぱもほとんど省略されてしまいました。

今では日本の唐草模様は
渦巻曲線模様やお花が描かれた唐草が主流。

蔓草の生命力を発展・繁栄・長寿の意味
吉祥文様として和雑貨などの日用品に
使用されることが多いです。

 

 

唐草模様はなぜ泥棒のイメージがあるの?

 

画像:「ねこ泥棒」奇譚クラブ

あ、ボクもこれもってるよ。
唐草模様のちゃんちゃんこも!

ガチャはお教室の生徒さんに
良くもらうよね^^
似合うもんね~♪

 

「なぜ泥棒は唐草模様の風呂敷を?」

この素朴な疑問は

「ボーと生きてんじゃねえよ!」

でお馴染みのNHKの
「チコちゃんに叱られる!」という番組でも
出題されたようです。

 

もともと江戸時代の風呂敷は
植物模様を使う事が多かったのですが

日本人は「縁起の良いもの」を好むので

縁起のよい植物をかいた
唐草模様の風呂敷が登場すると大ヒット!

 

唐草模様の風呂敷は明治から昭和にかけて
大量に生産されていて

一時期は花嫁道具を包んで嫁いだり
どこの家にもあったようです。

つまり、泥棒が持って回るわけではなく
みんなが持っていたんですね。

たいてい、タンスの一番下の段に
しまっていることが多かったとか。

 

そして当時の泥棒は
手ぶらで忍び込むことが多かったそうです。

 

泥棒は、家に忍び込んだら
まずタンスを下の段から物色します。

下から開けると閉めなくていいので
効率的というわけです。

一番下の段に風呂敷がある。

それを広げて、着物や帯や
大きなものを下から順に盗っていく

小さな宝飾品や時計や通帳は
は高いところに入れる習慣の人が多いので

下から順にとっていって
最後に風呂敷でひとまとめにして
盗んでいく泥棒が多かった・・・

そんな理由と、もう一つは

これを漫画に描いたのが
今でも私たちの目に触れるため

このイメージが定着したようです。

いま、現実に泥棒が
唐草模様の風呂敷で逃げていたら
爆笑でしょうけどね^^

つまり、
唐草模様の風呂敷はどこの家庭にもあった。


手ぶらで忍び込んだ泥棒は、
この風呂敷を拝借して盗みを働いた・・・
というわけです。

もともと風呂敷は
嫁入り道具や贈答品を運ぶのに使われてたので
唐草模様が本当に各家庭で重宝されていた
ことが伺えますね。

 

唐草模様、渦巻のきれいな描き方

 

いかがでしたか?

唐草模様のことが分かったところで

実際に描いてみましょう。

10分できれいに描けるシリーズはこちらです。

役に立ったら
「チャンネル登録」「いいね」してくださると
次からお得な情報がいち早く届きますよ。

 

 

唐草模様まとめ

 

「唐草模様」とは
つる草が四方八方に力強く伸びていく模様

②強い生命力や繁栄を象徴する縁起よい吉祥文様

③唐草模様の風呂敷が大ヒットして
どこの家庭にもあったために
泥棒がこれを利用して泥棒のイメージが付いた

 

以上、ご覧いただき有難うございました。

ではまたお会いましょう~♪

 

 

 

 

シェアありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

JOFAアートスクール校長
はじめまして。 マルチアーティストの松尾まさこと申します。 私は「アートで社会貢献!」を目指し JOFAアートスクール校長として 国内外で作家活動やアートを教える活動をしています。 「脳トレになる曼荼羅アート」では、皆さんと一緒に「アートで健康になる」ことを目的に書いています。脳トレ、癒し、ストレスをセルフコントロールできる素晴らしい「曼荼羅アート」の技法、絵が苦手でも簡単に書けるようになるお絵かきのコツ、アートが好きになる楽しい情報を幅広く発信しています。是非お楽しみくださいね。